鍵の110番にSOS|防犯カメラ工事でMy Homeの安全

カギ

防犯のためにできること

鍵だけではない

不動産

玄関ドアに補助鍵をつければ、開けるまでに時間がかかり空き巣などが侵入しにくくなります。ただ、従来の補助鍵だと開けるのが面倒になってしまったり、在宅しているかどうかがばれてしまうなどの問題があります。これらの問題も現在はほぼ解決しているといえます。今販売されている補助鍵には、リモコンやダイヤル式といった鍵を使わない方法が増えています。もちろん、鍵を使った方法の中にも在宅しているのか留守にしているのか、判断しにくくなっているものも多く、より利用しやすく改良されております。玄関ドアに補助鍵をつけるとなれば、工事が必要というのは昔の話です。傷つけることなく設置できるものが大半であり、玄関ドアの美観を損ねるようなものはありません。

より簡単に施錠できる

防犯するとなれば、最初に気をつける箇所として玄関ドアが多いです。補助鍵の性能も上がり、将来的にはより簡単に開け閉めができるようになるといえます。後から取り付けるというよりも、元々補助鍵をつけてあるといったところが増える可能性が高いです。古典的な方法ですが、玄関ドアがしっかりと施錠してあれば防犯効果が高いです。侵入するまでに時間がかかれば、空き巣などが近寄らなくなります。補助鍵は分かりやすいものですが、それゆえに防犯意識が高いと伝えることができます。防犯意識が高ければ、それだけで家を守ることにつながります。玄関ドアの補助鍵は、頑丈に作られているので万が一破壊しようとしても壊れないものが多いです。より強度の高いものが作られる傾向にありますので、安心して利用するとよいです。

Copyright©2015 鍵の110番にSOS|防犯カメラ工事でMy Homeの安全 All Rights Reserved.